グランメゾン東京第6話あらすじ

おすすめドラマ グランメゾン東京

「グランメゾン東京 第6話」のネタバレあらすじ!芹田の努力は報われるのか!?

投稿日:

 

TOP restaurant 50を目指す「gaku」と「グランメゾン東京」

発表まで一か月前に迫る中、日本人ならではの最高の魚料理を一皿完成させようと、奮闘する姿が描かれています。

 

今回は、今まで光の当たらなかった芹田の純粋さにも注目。

オープン当時からグランメゾン東京で必死になって働いてきた見習い芹田の心の揺れと成長が描かれています。

 

そして、フードライター栞奈(中村アン)がグランメゾン東京で働くことになります。3年前のナッツ事件に恨みを持っている様です。

 

第6話はどうなるのでしょうか?楽しみです。

 

尾花と丹後

仕入れの後、丹後(尾上菊之助)は尾花(木村拓哉)を呼び出した。祥平(玉森裕太)がどうして「gaku」にきたか。

 

丹後はナッツ事件の犯人が祥平であることを知っていると話した。だから、エスコフィユで働いていたメンバーに隠しごとをしたままではいられないからか。と尾花。

 

しかし、丹後は尾花ではなく自分を選んだと強調。

「お前らがどんな料理を作るかはちょっとは期待しているよ」尾花は薄っすら笑みを浮かべた。

 

 

TOP50

ミシュランの前哨戦でもあるTOP50に気合が入る。世界でもっとも権威ある賞の一つで、もし、50に入れば世界的なフーディ―(美食家)や飲食店関係者がやってくるのだ。

 

グランメゾン東京は一気に世界的な人気店になる。

はきのない尾花に倫子(鈴木京香)が「グランメゾン東京は全力でTOP50を目指します」と宣言。

 

その為には旬なもので一品だけ考えると逆に提案する尾花。

 

 

日本の鮮魚は世界一

生の魚を美味しく食べるのにこんなに知恵を使う国はない。

生の魚を全面に最大限に押しだした料理を作ろう。

 

新鮮な鰆に目をつける。産卵期前のメスの鰆はあぶらがのってておいしい。

 

いい鰆が手に入った。これで旬の一皿に挑む。

 

 

大人の恋?

どうやら京野(沢村一樹)は倫子のことが好きらしい。

でも、いつも一緒にいるのは尾花。

 

尾花は倫子のことを「おばさんシェフ」と呼ぶが、最近は倫子と呼び捨てにする場面もみられる。

 

尾花と倫子に恋はあるのか?

 

 

江藤の悪いさそい

祥平、祥平となにかと比べられることにいらだちを隠せない芹田。

そこに、あの江藤(手塚とおる)がレシピを盗んでこいという。料理に著作権はない?

 

「gaku」と「グランメゾン東京」の違いは資金力。

 

同じレシピで良い材料を使った料理の方が美味しいに決まっている。本当にそうなのか?

 

 

久住栞奈

新しく、スタッフとしてグランメゾン東京で働くことになったフードライターの久住栞奈。

英語もフランス語も堪能でソムリエの資格も持っている。

 

しかし、久住栞奈の父、久住壮一郎はエスコフィユのナッツ事件と何か関係がある。

 

栞奈はグランメゾン東京を憎んでいるのかも知れない。

 

 

芹田の才能

芹田は毎日ずっと5ミリ角の練習をしていた。

 

自分からまかないを作ると張り切るが、研ぎたての包丁を使ってしまい、食材に鉄の味がうつってしまった。味もいまいち。ご飯に野菜だけのチャーハンも受けない。みな、ほとんど残してしまった。

 

 

京野は芹田のこころを察したようだ。芹田を飲みにつれていく。芹田はやっぱり悩んでいた。

「自分には才能がない」

 

京野は「才能なんて最初は誰にもわからないもの。でも、努力すればするほど自分に才能がないことに気付いてしまうこともある」と伝える。

 

芹田は「どうすればいいんでしょうか」とポツリ。

 

京野は尾花も倫子も何も言わないけれど、ちゃんと芹田のことを見ていると伝えた。

 

 

「やることを言われるだけの料理人にはなって欲しくない」

そう思っているんじゃないかと京野はアドバイスをする。

 

 

尾花や倫子は誰よりも頑張って努力してきた。芹田の心がまた少し動く。

 

芹田は魚屋の店主に「鰆がさばけるようになりたいんです」お願いします。と頭を下げた。

魚屋でもアルバイトを始める。

 

 

旬の魚料理

尾花と倫子も店を終わってからも、魚料理と奮闘してきた。ローストが一番美味しいことが分った。

 

でも、問題は火入れ。

まず、その日の気温や湿度、魚の水分量によって塩加減を決め、フライパンで焼き、オーブンで何分焼くか何度も何度も試して最高の焼き加減を見つける。

 

ロースト完成!

なんとか、理想のローストができた。

 

ソースは相沢に頼んだ。水晶文太の柑橘系を使うなど、さっぱりとしたソースにタルディ-ノのポワレを付け合わせる。

 

芹田も勉強ノートを作り、味見や自分でわかったこと、尾花や倫子のことばをメモするようになった。頑張っている。とにかく芹田は純粋だ。

 

完成した!!鰆のロースト水晶文太ソース

 

産卵前の脂ののったメスの鰆を一日置いてあぶらをまわして旨味を凝縮した皮はパリパリ。中は超レア!!倫子のハイタッチに力が入る。おっと、いたたた。

 

 

芹田の頑張りすぎたミス

魚をさばくことができるようになった芹田。できます、と相沢がいない時に鰆を自分のナイフでさばいてしまう。

 

芹田が使ったナイフはあくの強いごぼうを切ったばかりのナイフだ。切った鰆はもうお客様に出すことが出来なくなってしまった。

 

芹田は自分のミスにまだ気づいていない。ちゃんと、さばけたのに認めてもらえない。

 

芹田も頑張りすぎていた。

「どのナイフでさばいた?お前はまだうちのレベルじゃない」と尾花に言われてしまう。

 

「野菜ばっか切ってても意味無いし、こんな店こっちから辞めてやるよ」とエプロンを床に叩きつけた。

 

 

本当は勉強ノート

芹田は江藤の所に行き、レシピも書かれた勉強ノートを渡してしまった。

 

「さっきあんなくそみたいな店辞めてきましたよ。江藤さんの言う通り一流の店でやらないと一流の料理人にはなれないんですね」

 

でも、江藤はもうとう雇う気などなかった。

追って連絡すると。そんな訳ない。

 

 

丹後と祥平の一皿

レモンタイムとバターで焼いた骨付きあんこうとあん肝のポシェ。

シンプルで洗練されているのに味は複雑。と江藤は絶賛。

 

 

リンダ(冨永愛)の登場

トップレストランの投票権の多くは外国人が占める以上魚料理がかぎとなる。

リンダが「gaku」に客として来店。リンダも投票権をもつ会員の一人。

 

江藤は必死の笑顔。そして、出された料理は「レモンタイムとバターで焼いた骨付きあんこうとあん肝のポシェ」だった。

 

リンダは絶賛。祥平に「どこかであった?」とリンダ。

 

エスコフィユに昔勤めていたことを明かすと。どおりで「エスコフィユの全盛期を彷彿させ・・いい直した。ここの店でしか食べられない最高の魚料理だったと。」

 

リンダは何か勘づいたか・・?

 

 

芹田の退職金

芹田への退職金は、グランメゾン東京での食事だった。お客様として。

 

芹田は「すごく美味しいです。いつもよりも美味しいです。」と答えた。

スタッフが食べる料理とお客様が食べる料理は違います。

 

シェフが料理をお客様に出すとき、料理人の魂みたいなものが入るんです。いい料理というのはそこにお客様がいらっしゃることでより美味しくなるのです。と京野は語った。

 

 

トラブルが発生!?

「お金を頂く訳にはいきません」

「お客様にお出してはいけない料理をだしてしまったので」

 

芹田は気づいた!!

 

「鰆のロースト試作品の時よりくさい気がしました。」

 

「ちゃんと気づいたねぇ」と倫子。

 

芹田がさばいた鰆だった。

 

アクの強いものを切った包丁で魚を処理すると、アクが魚について風味が劣化する。「覚えとけ」っと相沢。

 

芹田が市場の鮮魚店の大将に頼んで魚のさばき方を教わってるのを尾花は知っていた。

 

「そんなの当たり前のことなんだよ。お前がいる店は三つ星ねらってる店なんだよ。料理なめんじゃねえぞ」

 

 

芹田の辛かった告白

芹田は、「gaku」の江藤にお金をもらって店の情報を流していたことを告白し、土下座をして謝った。

 

「あのレシピが他の店にわたったらどうなるのかわからないのか」

「ほんとお前なめてんな」

 

みんなは笑っていた。なぜだ?

 

「俺たちが本気で考えた料理まねできるわけないだろ」尾花や倫子のレベルになるとレシピが外に出ることを恐れない。自分が一番美味しくできることが分っているから。

 

仕入れた魚によって、その日の気温や湿度によって調理法は変わる。

 

「真似できるもんならやってみろって」倫子は自信をもって言った。

 

グランメゾン東京の料理で真似できる料理なんてひとつもない。

 

「俺たちの料理は甘いもんじゃない」

「三つ星ねらうなら自分で本物生み出すしかないんだよ」

「芹田お前どっちだ!どんな料理人になりたいんだ!?」

「自分で決めろ」

 

 

認められた喜び

芹田はエプロンを握りしめた。

「もう一度俺にまかない作らせてもらえませんか。お願いします」

 

芹田は魂をこめて作った。大将が教えてくれた魚の骨のまわりの身を丁寧にほぐしてチャーハンに入れた。

 

京野が「うまい、うまいよ」という反面、尾花は「味がいまいち」

倫子は「火のとおりにばらつきがある」と厳しい評価だったが・・・

 

最後に倫子が

「でも、芹田くんがみんなを喜ばせるために、いろいろ考えて自分の持ってる技術と知恵をふりしぼって作ってくれたことはしっかり伝わった」と言ってくれた。

 

「片付け終わったら鰆やっとけよ」と尾花が言った。

「いいんですか俺ここにいても?」尾花は「仕込みはお前の仕事だろ」

 

あざっす。みんなに認められた芹田は心から嬉しかった。

 

初めて認められた喜びを感じることができた。

でも、それは芹田がいままで頑張ってきたからだ。

 

 

天才とは?

「gaku」では祥平が「丹後さんと仕事をして、丹後さんはやっぱり天才です」と言った。

 

「トップレストランの審査が始まってから毎日俺はビビってる。朝起きて、鏡を見て、なんとか自分を奮い立たせている。もし、俺が天才だとしたらもっと楽しんでるはずだ」

「尾花は違った。あいつは楽しそうだった」

 

世界的フーディ―から厳しいジャッジをされるときに笑ってた。

 

「祥平、おまえが本当は尾花のところに行きたいのは分ってる。「gaku」にきたのも、ここで最高の料理をつくることが恩返しになると思ったからだろ」

 

「尾花には人を惹きつける何かがあった。だけど、これだけやって来たんだ。オープンしたての店に負けるわけにはいかない3年間逃げ回っていた奴に負けるわけにはいかないんだ」

 

 

今の尾花は最強。

倫子がシェフをやっているから尾花も自由にやっていける。

 

 

まとめ

今回は、TOP50もありますが、何と言っても芹田が主役だったのではないでしょうか。

 

本当に純粋で、あんなにも厳しい尾花の下で5ミリ角を切り続ける下働きをしていたことだけでも感動します。ずっとスポットライトからわざと抜いて書いていましたが、こんなにも芹田の成長をみれるとは思ってもいませんでした。

 

人から認められるってこんなにも大変でこんなにも嬉しいものなのですね。

尾花と倫子の情熱にも圧巻です。

 

気温、湿度、魚の状態、塩の加減。たくさんのメモが貼り付けられていました。分単位です。何にしても本物を得るにはどれだけの下働きがあるのかを感じさせてくれた作品でした。

 

尾花と倫子の恋?も気になります。そろそろ恋愛も入ってきてもいいのでは・・。

-おすすめドラマ, グランメゾン東京

Copyright© あれこれ!アラカルト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.