「俺のスカート、どこ行った?」 あらすじと見どころ

おすすめドラマ

「俺のスカート、どこ行った?」 第7話のあらすじネタバレ感想!見どころもご紹介

 

「俺のスカート、どこ行った?」第7話、今回は明智くんの回です。

クラスの問題児・明智くんが抱えている闇が明らかになります。

明智くんはのぶおの力を借りて、素直な自分を取り戻せるのでしょうか?

 

「俺のスカート、どこ行った?」第7話のあらすじや見どころをご紹介します。

 

 

「俺のスカート、どこ行った?」 第7話あらすじ

豪林館学園高校2年3組の担任は、ゲイで女装家で変なおじさん、原田のぶお(52歳)。でも、ちゃんとした現代文の教師です!

 

最近、このクラスの明智が登校して来なくなり、退学するかも知れない、という噂が流れ始めていた。だが、皆から孤立していた明智に対するクラスメイト達の反応は、冷たいものだった。

 

ある日明智は、退学の件で学校に呼び出され、登校しようとしていた。しかし、そこにはあの「息子に金をせびりに来る」チンピラ親父が待ち構えていた。チンピラ親父は、明智に「お前学校を辞めて、俺に200万返さなきゃならないんだからな。」と、退学して働くよう強要するのだった。

 

200万!!そんな大金を高校2年生の明智に要求するなんて、何てクズ野郎なの!!許せない。と、テレビの画面を殴りそうになりました。

 

学校に行くと、明智の退学届は、まだ受理されておらず、ちゃんとした退学の理由と事情を、保護者と共に聞かなければ受け付けられない、と校長に言われる。長井とのぶおも、明智の話を聞こうとするが、明智は頑として拒絶するのだった。

 

明智は何故、こうまで人を、とりわけ大人を拒絶するのだろう。

 

後日、長井は明智の退学の事情を聞きに実家を訪ねる。だが、家の前でチンピラ親父に「家では無理だ。」と言われ、何故かキャバクラで話をする事になる。

は?!キャバクラ?なんで??と頭の中が?だらけになりました。

 

そこで、長井は明智が一人暮らしをしている事を知って驚く。父親は明智に200万返させる為に、学校を辞めさせたのだと言う。その200万は、明智の母親が父親に内緒で渡していたものだった。そして、明智はその200万を頼りに一人暮らしをしながら、母親が迎えに来てくれるのを待っていた・・・。だが、母親は帰って来ないまま、このチンピラ親父が現れたのだった。

 

明智が、大人を信じられなくなるのも、仕方がないよね。信じて裏切られるのは、本当に辛いし、待ってる間に明智の涙は、もう枯れ果てたんだなって、思いました。

 

明智の父親は、過去に脱税が原因で仕事を失い、一家離散となってしまい、自身は刑務所に入っていた。そしてまた、事業を始める為に明智に200万を返させるつもりなのだ。

その顛末を聞いた長井は、身勝手な父親に心底あきれ果て、キャバクラ店を後にした。

 

長井に明智の件を相談されたのぶおは、東条と若林に明智の家庭事情を聞き、明智の行方を捜し始めた。2人もまた、明智の隠された過去を聞き、明智救出に協力する事になった。

そんなすぐに見つかる訳ないじゃない?!って思ってたら、のぶお独自の「おねっとワーク」で、すぐに見つかった!のぶおの「おねっとワーク」凄っ!!

 

田中と東条と若林は明智を、のぶおはチンピラ親父を、それぞれ迎えに行った。

この2人を呼び出して、のぶおは一体何をするつもり?!

 

のぶおは、課外授業として、2年3組の生徒たちを謎の場所に呼び出した。

そこには、ボクシングのリングがあり、明智とチンピラ親父を対立するリングに上げた。

 

のぶおは、「ボクシングで勝負して、負けた方が勝った方の言う事聞くっていうの、どう?!あんた、そういう賭けとか好きでしょ?!」

と、親子対決をけしかけた。

 

親父は明智に対する肉体的暴力、明智は若林に対する精神的暴力で、同じ立場なのだと言う。

勝負は、一方的に親父が明智を殴って終わった。

 

明智は、一切やり返さずに、殴られっぱなしだったのだ。「俺、殴れないわ。殴ったら本当にアイツと一緒になっちゃうんじゃねえの?!」と、虐められていた若林の心の痛みを理解し、心の底から謝ったのだった。その目には、涙を浮かべ、かつての自分のしてしまった事を、激しく後悔しているんだろうな、と見ていて辛くなってしまいました。

 

レフェリー・のぶおの判定で、勝負は引き分け。第2ラウンドは、のぶおVS親父!!「ド三流オヤジ!!」「ゲイ野郎!!」と、互いに罵声を浴びせ合い、対戦は始まった。

果たして勝敗は?!アッパーカットが決まって、のぶおの圧勝!!

 

のぶおは「あたしの勝ち!学校は辞めない、お金も返さない!2度とこの子に近づかない!いいわね?!」と、倒れた親父に向かって勝利宣言を放った。

 

東条と明智は、お互い知らずに傷つけ合った事を謝り、離れていた距離を埋め、仲直りする事が出来た。若林は、赤く腫れあがった明智の目元を軽く叩き、「今のでチャラにする。」と、優しい表情で過去の出来事を許した。これで、3人はいい友達になれるかも知れない、そんな温かな空気が流れ、心和む素敵なシーンでした。

 

だが、それでも明智は学校を辞めると言い張った。学校の教師を信じられない、皆最後には裏切るから、頼りたくない。と言うのだ。

それに対し、のぶおは「お前が裏切られた数だけ、あたしを殴りなさい!」と、明智に決断を委ねた。のぶおは、殴られて自分が気絶したら退学してもいいと、明智の目を真っ直ぐに見て、明智の全てを受け止める事を宣言した。

 

一切やり返さないのぶおに、明智は途中で言葉を失い、殴れなくなってしまう。

何故、やり返して来ない?!戸惑いと、宣言通りに行動するのぶおに、驚いたのだ!

 

のぶおは、裏切らない、嘘をつかない大人も居るという事を、明智に伝たえたかったのだ。

 

のぶおは、殴られ赤く腫れあがった顔で、「困った事があったら、頼れ!どうせ、大人になったら、頼れなくなるんだ。子供なんだから、子供らしく頼って来いよ!そんな大人の真似ばっかしてたら、色んな物なくしちまうぞ!頼れ!明智!!」と、明智の心の奥底に強く訴えた。

 

一部始終を見守っていたクラスメイトたちも、明智を受け止め、応援すると言う。もう、2年3組は本当に一つの仲間になれたのだった。明智の心のドアは、やっと開いた。

あんなに人を信じられなかったのに、目に涙を浮かべ、照れ臭そうに皆と笑い合っている。

 

本当に、自分の信じる事を伝えれば、その思いは伝わるんだね、のぶお。

無表情だった、明智の笑顔と涙が見れて、本当に嬉しかった。胸がジーンとするシーンでした。

 

明智は仕事を辞め、無事に学校に戻って来た。チンピラ親父の心も、明るい方向に向きを変えたようで、ほっと安心出来たエンディングでした。

 

 

「俺のスカート、どこ行った?」 第7話の見どころ

「俺のスカート、どこ行った?」 第7話の注目ポイントをご紹介します。

 

①明智の過去に何が?!

高校生ながら、一人暮らしをし、今度は退学するという。その理由も話さず、周囲の人たちを拒絶する明智。一体、何があったの?どうしてサッカー部を辞めちゃったの?!

 

②明智の父の変化

かつては、エリートだった父が、荒んで別人のようになってしまったのは、何故?!そして、再び人生をやり直せるのか?!

 

③壊れた友情

東条や駒井と距離が出来てしまい、クラスでも孤立してしまう明智。このまま、明智は孤独な道を歩むのか?!

 

④人間不信の明智

大人は信じられない、クラスメイトも友達だと思っていないと言う明智。再び、笑顔でサッカーボールを蹴っていた頃のように、輝いた瞳を取り戻せるのか?!

 

 

 

「俺のスカート、どこ行った?」 第7話のまとめ

やっと明智くんはみんなの前で素を見せることができましたね。

親の愛情って本当に大切だなとしみじみ感じました。

これでクラスで一番の問題児だった明智くんが心を開き、もう問題はないような気がします。

ただやはり気になるのは、のぶおの体調のこと。大丈夫なのでしょうか…。

-おすすめドラマ

Copyright© あれこれ!アラカルト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.