グランメゾン東京第3話 あらすじ

おすすめドラマ

「グランメゾン東京 第3話」のネタバレあらすじ「ばかうめぇなこりゃ!」と言わせた料理とは?

投稿日:

 

第三話が始まりました。今回はジビエ料理に挑戦です。

今ではジビエ料理と聞いてどんな料理なのか頭に浮かぶ方もいると思いますが、今回のジビエはちょっと違います。

 

尾花(木村拓哉)のアイディアと倫子(鈴木京香)のアイディアがさえわたる回になりそうです。

 

そして、オーナーシェフ倫子の心もようやく一つになっていく仲間の姿もしっかりとご覧ください。

 

「グランメゾン東京」第3話のあらすじ

それでは、「グランメゾン東京」第3話のあらすじを見ていきましょう。

 

国産ジビエフランス料理コンクール

京野陸太郎(沢村一樹)がジビエ料理のコンクールに挑戦してみないかと、フードライター栞奈(中村アン)を連れてやってきた。

 

有名なマリクレールダイニングという雑誌の企画で、優勝すると店を掲載してくれるという。

早見倫子はやる気満々だ。

 

フレンチレストラン「gaku」も参加を決める。

 

早速、鹿肉を調達しに向かった尾花たちだったが、冷凍のものしか提供できないと言われてしまう。

「gaku」の江藤オーナーが運営する会社が、ジビエコンテストのために腕のいい猟師をおさえて鹿のロースを買い占めているんだとか。

 

とりあえず、冷凍の鹿肉を購入したが、水分量が変わるため風味が落ちてしまう。

食材の差にがっかりする倫子だった。

 

さやか
食材の違いは大きい…

 

相沢の協力

倫子たちは、相沢瓶人(及川光博)の力がどうしても必要だとあらためて痛感する。

 

相沢にお店がオープンするまでメニュー作りに協力して欲しいと頭を下げた。

 

そして、娘アメリの幼稚園の送り迎えの時間は絶対に守ると念を押した。

 

お母さんの後押しもあって、相沢とまた一緒に働くことに。

 

相沢から、伝説のジビエ料理人がいることを知らされる。

 

 

伝説の食材ハンター

早速、食材ハンター・猟師の峰岸(石丸幹二)の元へと向かった。

食材を卸して欲しいと頼む倫子だが、すぐはね返されてしまう。

 

尾花は頑固な店主を挑発し、店の中にいれてもらうことに。臭みのない世界一美味しいジビエを食べさせてもらった。

 

尾花は、天井を見上げるどころかのけぞってしまうほど美味しかった。

 

さやか
さすが、伝説のジビエ猟師!

 

なぜ、あれほどにも臭みがないのか理由が知りたかった二人。

ふつうは猟銃を使うが、罠で生け捕りにし、血抜きを自分の厨房で行っていると明かす。

 

 

アメリの心

アメリが幼稚園で少し寂しそうにしていることに尾花は気付く。

 

尾花は、相沢の母に毎朝何時に起きているか聞いていた。

尾花は何かを企んでいるのか…?

 

 

コンクールメニュー始動!!

京野が苦労して鹿のモモ肉を仕入れてきた。さっそくメニューにとりかかる。

 

  • ロティ
  • コンフィ
  • 真空
  • 炭火フュメ
  • 低温調理

 

など、様々な調理法をためしてみた。

 

何度も行き詰まりながらも、「これならいける!」と、3人が納得できる鹿肉がついに完成する。

 

さやか
失敗作も美味しそう!

 

倫子の複雑な気持ち

尾花と相沢の料理の貪欲さについていけない自分を感じ、厨房から飛び出す倫子。

「自分には料理の才能がないから星が取れない」と思っていたが、単なる自分の努力不足だったということを思い知らされる。

 

さらに、自宅に帰ってからも仕事に没頭している相沢が無理を寝る間を惜しんでメニューを考えているのは、オーナーシェフである倫子の責任でもあると京野は話す。

 

倫子の一番の仕事は、よりよい料理を完成させること。

 

「自分を信じられないシェフは絶対に星を取れない」

 

この言葉で倫子は奮起する。

 

 

コンクールのメニューがついに完成!

倫子は「ポワグラードソースはどうかな?」とみんなに提案した。

ポワグラードソースとは?

古典的なフレンチのソースで、赤ワインビネガーやフルーツのピューレを豚の血と合わせた甘酸っぱいソースのこと

 

しかし、相沢はそのソースをすでに試していて、新鮮味がなかったと語る。

 

だが尾花は、鹿肉にコンソメスープと血を合わせようと提案。

 

倫子の一言から、猟師の峰岸から鹿の生き血を分けてもらうことに。

 

 

コンソメスープを作るとき、普通は卵白を使うが今回は新鮮な鹿の血を入れることにした。

鹿肉とコンソメの2つが揃った。

 

メニューは「本州鹿の内もものロティとコンソメ」に決まる。

 

 

コンクール当日

コンクールの当日になったが、なぜか尾花と連絡がつかない。

 

時間はせまり、倫子がメインの鹿肉を調理すると覚悟を決める。

不安の中、倫子はフライパンを握る。

 

 

料理は成功!

審査員の評価も高かった。

 

しかし、結果は「gaku」が優勝した。

 

 

尾花のコンクール

倫子たちの前から姿を消していた尾花は、峰岸の元にいた。

自分達の料理を食べて欲しいと、こちらでも審査してもらうために来ていたのだ。

 

自分以上に美味しいジビエ料理を作れる人間なんていないと思っていた峯岸。

 

一口パクリ。

 

「ばかうめぇなこりゃ」

 

尾花は、「生きとし生けるもの、いただいた命を余すことなく美味しくいただく。そのために料理人がいる」と峰岸の料理を食べたときに改めて感じたことを伝えた。

 

峰岸は「グランメゾン東京」に食材を卸すことを約束した。

 

 

江藤のたくらみ

コンテスト終了後、丹後は「フレッシュなロースの流通量が極端に減って、ほかのお店はなかなかいいお肉が手に入らなったようだ」と、フードライターの久住に聞かされる。

 

江藤は上等な鹿肉を独占し、審査員とも関係をもっているようだった。

 

オーナーの江藤に詰め寄る丹後。

 

しかし江藤は、

「星はシェフにつくんじゃない、店につくんや。あらゆる手段で店を引っ張り上げる。それが私の仕事や」

 

丹後は何も言い返すことができなかった。

 

さやか
江藤は絶対、みんなから嫌われるタイプ…

 

ワンチーム

尾花は峰岸を連れ、店に帰ってきた。これからは、あらゆる新鮮な食材を提供してもらえることを報告する。

それが尾花のコンクールの価値だった。もちろん仲間たちは大喜び。

 

期間限定で相沢は店をやめると決めていたが、尾花が娘アメリに毎日キャラ弁を作ってくれていたことを知り、また戻ってくることに決めた。

 

倫子は相沢を正式にチームの仲間に迎えいれたいと伝える。

 

そして、アメリの送り迎えや定時で帰ることも条件とした。

 

グランメゾン東京は、自分の家族や仲間を大切にしたいと倫子は心に誓う。

 

 

まとめ

段々と仲間が増えオープンも見えてきました。

今話題のラグビーで「ワンチーム」と言う言葉がありますが、倫子もそんな最高のチームを目指していると思います。

 

今回は、私達になじみのない、一皿でした。本当に食べてみたくなりましたね。コンソメの知識も少し頭にはいった?かな。毎回フレンチの用語がたくさん出てきますが、それもひとつの楽しみになるといいな、と思っています。難しいですが。

 

4話ではなんと尾花の元恋人が登場。気になりますね。

-おすすめドラマ

Copyright© あれこれ!アラカルト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.