おもちゃの消毒方法!どれくらいきれいに掃除していますか?

子育てのあれこれ

おもちゃの消毒方法!どれくらいきれいに掃除していますか?

おもちゃは、家の周りで投げられたり、引っ張られたり、引きずられたり、蹴られたりするときに、あらゆる種類の汚れ、汚れ、細菌と接触します。

掃除をした後でも、再び汚れてしまうのは時間の問題です。掃除しなおすのは非常に面倒な作業になりますが、それが親の任務といえるでしょう。

おもちゃを正しく洗う方法を知らないという方も多く、「とりあえず消毒しておけばおいいや」と思ってしまうかもしれませんが、さまざまな素材やサイズのおもちゃをどのように扱うかは非常に重要です。

おもちゃのサイズ、素材、その他の要因に関するおもちゃの掃除方法についてご紹介します。

さまざまなサイズのおもちゃを洗う方法

電池のない小さなおもちゃの場合は、温水と中性洗剤を入れた洗面台に浸し、柔らかい布でよく洗います。

「中性洗剤」は、『キュキュット』などの食器用洗剤や、『エマール』などのおしゃれ着用洗濯洗剤に使用されています。赤ちゃんはおもちゃを口に入れる機会も多いので、食器用洗剤が向いているでしょう。中性洗剤には、強い洗浄力がありませんが、手肌や素材を傷めずに、軽い汚れだけを落とすことが可能です。おもちゃについた手垢や皮脂汚れなどを取り除けます。

洗ったあとは、すべての洗剤を洗い流すように、温水ですすいでください。おもちゃがプラスチックの場合は、食器洗い機を使用することもできます。電池付きのおもちゃは電池を抜いて、手洗いにこだわりましょう。

大きなおもちゃの場合は、石鹸水で表面をきれいにし、温水ですすいですべての石鹸を洗い流します。おもちゃの漂白や天日干しは、寿命を縮める可能性があるのでできれば避けてください。

さまざまな素材のおもちゃを洗う方法

前述した方法は、基本的にすべてのプラスチック製のおもちゃに適用できます。布を使用したおもちゃの場合は、洗濯機で布地をお湯と石鹸で洗い、すすぎ、乾燥機に入れるか、干して乾かします。ただし、最初に、洗濯タグを調べて、特別な洗浄方法をする必要はないか確認しましょう。

タグに水洗い不可と書かれていた場合は、水洗いをすると縮んだり型崩れをする原因になります。また、そもそもタグがなく洗濯方法がわからない物は、水洗いすることを前提に作られていないので、避けた方がよいでしょう。水に弱い紙や皮製品が使われている場合も同様です。

噛んで口に入れたおもちゃを洗う方法

このタイプのおもちゃを掃除するときは、さらに注意を払う必要があります。最も推奨されている細菌除去方法は、沸騰したお湯に10〜15分間浸してから冷ます方法です。

あとは、「重曹スプレー」もおすすめ。水(ぬるめの湯)100mlに対し、重曹小さじ1杯をボトルに入れてよく振って作ります。油や汗、皮脂汚れに効果的で、無害で消臭効果があるとされていますよ!

結論

素材やサイズに関係なく、すべての赤ちゃんのおもちゃは、赤ちゃんが幸せであると同時に、汚れの危険から安全であることを確認する必要があります。おもちゃの清掃頻度ですが、少なくとも5日に1回は掃除するとよいでしょう。失敗を避けるために、つねにメーカーが提示した洗浄手順に精通していることを確認してください。

-子育てのあれこれ